« 2012年12月9日 2部‐3部入替戦 VS武蔵大学 | メイン | 年次総会のご案内 »

2012年12月9日 2部A8位-3部B1位入替戦 ゲームレポート


1 GAME DETA  

VS TEAM:武蔵大学 PHEASANTS
DATE:2012/12/9 (日)
K.O. Time:13:45
Weather:晴れ
PLACE:駒沢第二球場
Garaly:89


2 SCORING  
SCORE:
Team Name 1Q 2Q 3Q 4Q Total
Orange Beams 0 0 0 0 0
PHEASANTS 14 24 14 21 73


ゲームレポート

 
秋季リーグ戦最後の戦いである2部‐3部の入替戦が駒沢第二球技場にて行われた。凍える寒さの中、今後を大きく決めるこの試合に多くの父母・OBOGの方々が応援に駆け付けて下さった。13:45、成城のキックにより試合開始。

 開始直後、キックをリターンした武蔵に自陣5ydまで走りこまれる。いきなりの局面に成城はなすすべなく、開始1分で先制点を許す。しかしここで踏みとどまっているわけにはいかない。成城オフェンスがなかなかゲインを稼げない中、ディフェンス陣が奮闘し、相手をハーフライン付近で抑える。そのまま攻撃権の奪い合いが続くも、第1Q残り2分、徐々に自陣まで攻め込まれると、武蔵が16ydのパスをキャッチし追加点を決める。成城の反撃も叶わず、0‐14で第1Qを終える。
 
 第2Q、相手の反則に助けられ敵陣に押し返すも、自陣への侵入を抑えられない成城。続けざまに20yd近いゲインを許し一気にゴール前2ydまで攻められまたしてもタッチダウン。続くプレーも攻撃権を早々に明け渡し武蔵の攻撃。パスプレーで攻める武蔵だがDB榎本(#7/1年)のタックルで相手を敵陣42ydに抑える。だが続く武蔵のプレーで敵陣42ydから58ydのロングパスを成功させそのまま走り切りタッチダウン、0‐28となる。再び攻撃権を守りきれずパントプレーを選んだ成城だが、そのまま武蔵がリターンタッチダウン。5分間で3回のタッチダウンを取られてしまった。もうこれ以上点差は広げたくないところだったが第2Q終了間際、自陣25yd付近からフィールドゴールトライを成功されてしまい、38点差と武蔵大学を追いかける形で前半を終える。
IMG_0020.JPG
IMG_0050.JPG 大きな点差でむかえた第3Q。未だ主導権を握れない成城だったが、オフェンスシリーズでは少しずつゲインを重ね、QB島田(#28/3年)が50ydのロングパスをキャッチすると、一気に敵陣15ydまで攻め込んだ。ここで流れを変えたい成城だったが、続くプレーでは1st downの地点から進めず25yd押し戻され、チャンスを得点に繋げられなかった。第3Q残り4分、敵陣に攻め込んだ成城オフェンスだが、敵陣38ydからのパスをインターセプトされる。そのまま62ydを駆け抜けタッチダウン。しかし武蔵はここで終わらなかった。続く自陣からのオフェンスシリーズだったが、再びパスインターセプトでゴール前に攻め込まれ、最後はパスによりタッチダウン。得点を0-52に伸ばされ、第3Qが終了する。
これ以上の失点を防ぎたい第4Q。しかし開始12秒、攻撃権が武蔵に変わると、敵陣から61ydのロングランによりタッチダウン。つづく成城の攻撃もフレッシュを獲得できずに再び武蔵の攻撃。いきなり自陣3ydまで走りこまれまたしてもランでタッチダウン。第4Q開始3分で14点を奪われ得点は0‐65となった。その後攻守交代を繰り返しながら成城のオフェンスシリーズ。自陣40yd地点からのパスをインターセプトされ、そこから55ydのロングラン。残り時間3分で留めの一撃を与えられ0‐73。成城は最後まで反撃の一手を打てないまま試合は終了した。 IMG_0056.JPG
   

非常に不甲斐無い結果ながら、2部の座を死守することが出来なかった。来年度からは3部Bブロックに所属し再び2部に昇格するために挑戦していく。1年間、チームのために時間を割いて練習に来て頂き叱咤激励して下さったコーチの皆様方、監督、そしてどんな時も駆け付けて暖かいご声援を下さった父母・OBOGの皆様方、本当に有難うございました。私達は、2部昇格を再び目標とし来年度に向けて新たなチームとして練習を始めていく。今季、2部で戦えたこの経験を生かし、また挑戦者であることをチーム全員で念頭に置き、全力で精進していきたい。今後とも変わらぬご声援を宜しくお願い致します。