« 2013年 11月2日 秋季リーグ戦 VS東京農工大学 | メイン | 11月16日 首都大学東京戦 受付時間のご案内 »

2013年11月2日 秋季リーグ戦 VS東京農工大学 ゲームレポート


1 GAME DETA  

VS TEAM:東京農工大学 BLASTERS
DATE:2013/11/2 (土)
K.O. Time:13:45
Weather:雨
PLACE:駒沢第二球技場
Garaly:105


2 SCORING  
SCORE:
Team Name 1Q 2Q 3Q 4Q Total
Orange Beams 7 21 7 7 42
BLASTERS 7 7 0 6 20


ゲームレポート

 
今シーズン初の公共会場での試合。11月の寒空の下、本当に多くのOB・OGや父母の方々が応援に駆けつけて下さった。試合は成城のキックにより13:45K.O.。
 第1Q、農工の攻撃を早々に抑え成城は自陣からの攻撃。パスプレーでゲインを重ね敵陣に踏み込むと、RB島田(#28/4年)がエンドゾーンまで約35ydを走り切りタッチダウン。先制点を取った。幸先のいいスタートを切った成城だが、続く農工のオフェンスシリーズでは防戦一方で中々攻撃権を取り返せない。農工はランプレーで次々ゲインし遂にタッチダウンを許してしまった。得点が7-7になり第1Qが終了する。
 
  雨の降りはじめた第2Q。農工のパスをDB榎本(#7/2年)が敵陣でパスインターセプトし会場を盛り上げる。一気にチャンスを迎えた成城。QB下田(#18/3年)がQBキープで約20ydを走りタッチダウン。追加点を加えた。勢いのついた成城は続く農工の攻撃をLB川口(#5/4年)が再びパスインターセプトで止め、得点に繋げた。前半残り1分、雨でパスが通りにくい中徐々に敵陣に攻め込んだ成城オフェンス。最後はWR佐藤(#19/4年)が21ydのパスをキャッチしタッチダウン。更に差を広げた。しかしここで油断したのか続くキックリターンで74ydのロングゲインを許し自陣13ydからの農工の攻撃、そのまま13ydのパスを成功され点差を戻された。第2Qは28-14で終了する。
P1040093.JPG
P1040086.JPG 第3Q、このまま逃げ切りたい成城。互いに一進一退を繰り返す中、成城のランプレーが通ると流れは一気に成城に。敵陣ゴール前まで着々と攻めると、残りの10ydをRB浦住(#21/2年)が駆け抜けた。PATも決まり第3Q5分を残して得点は35-14となった。その後の農工の攻撃も抑えるが、成城も決定打は与えられず第4Qを迎える。
開始2分、ハーフラインからの成城の攻撃、ボールがRB浦住に渡るとタックラーを躱して50ydを走りきりタッチダウン。42-14となり成城が流れを変えたかのように思われたが、続く農工の攻撃では自陣深くまでランで攻められ6点を追加されてしまった。その後、成城はフィールドゴールトライで得点を狙いに行くも失敗し点差を広げられないまま試合終了。42-20で勝利した。 P1040084.JPG
   

過去3試合の中で一番苦戦した農工戦、色々と課題の残る試合となった。しかしこの勝利によって入替戦も見えてきており、大事な勝利であった。今回見つかった課題を確実に潰すよう練習により一層力を入れて取り組んでいきたい。OB・OGの方々、父母の皆様、ご声援ありがとうございました。