« 2014年11月29日 秋季リーグ戦 VS 東洋大学 試合速報 | メイン | 秋季リーグ戦 入替戦 埼玉大学戦のご案内 »

2014年11月29日 秋季リーグ戦VS東洋大学 ゲームレポート


1 GAME DETA  

VS TEAM:東洋大学 VIKINGS
DATE:2014/11/29 (土)
K.O. Time:13:45
Weather:雨のち晴れ
PLACE:東洋大朝霞
Garaly:79


2 SCORING  
SCORE:
Team Name 1Q 2Q 3Q 4Q Total
Orange Beams 0 7 0 0 7
VIKINGS 0 14 0 3 17


ゲームレポート

 
雨の中、多くのOB・OG・ご家族・ご友人に見守られながら始まった秋季リーグ戦最終戦。
 東洋のキックにより成城のオフェンスシリーズで始まった第1Q。両者ゆずらないまま試合の時計は進む。RB浦住(3年/#21) のランプレーでゲイン数を得るも、なかなか得点にはつなげられない。互いに得点にならないまま0-0で第1Qが終了。
 
  続く第2Q。得点を得たい成城だが、第2Q一回目の攻撃権で東洋#13によって直ぐにインターセプトをされてしまう。流れを止められた成城はそのまま東洋にタッチダウンをゆるしてしまい、得点は0-7に。先制点を取られた成城はディフェンス軍LB大河原(4年/#24)らが奮闘するも再び東洋#1によってタッチダウン。なんとしても挽回したい成城はオフェンス軍が反撃にでる。自陣25yd地点から少しずつゲインを重ね、前半残り11秒にしてRB浦住(3年/#21)によってタッチダウン。点差を7−14に縮めて前半が終了。
DSCF3039.JPG
DSCF3037.JPG 前半までの激しい雨模様がなくなり、暖かい日差しがさして来たところで第3Qが始まる。成城のオフェンス権ではなかなか前へ進むことができず、流れは東洋大学に。流れを変えたい成城は負けじと奮闘。LB窪田(1年/#44)の力強いタックルで東洋の動きを止めるも、互いに点数を得られぬまま第3Qが終了。
7-14で東洋がリードをして迎えた第4Q。なんとしても良い流れを成城に起こしたい。成城のオフェンス権では、QB下田(4年/#6)とQB栗田(1年/#1)が奮闘。残り6分を切ったところでDB榎本(3年/#7)がフィールドゴールに挑むも惜しくも失敗。オフェンス権を東洋にゆずってしまう。ディフェンス軍が反撃に出るが残り1分で東洋のフィールドゴールが成功し、点差は7−17に。このまま試合は終了した。 DSCF3059.JPG
   

秋季リーグ最終戦は残念な結果で終わったが2部での挑戦はまだ終わらない。12/14(日)、川崎球場で行われる入替戦で2部に残留できるように残りの練習に励みたい。今試合も雨という足場の悪いなか、応援にかけつけて下さりありがとうございました。