« 2015年 5月10日 春季オープン戦 VS成蹊大学 試合速報 | メイン | 2015年 5月24日 春季オープン戦 VS学習院大学 試合速報 »

2015年5月10日 春季リーグ戦VS成蹊大学 ゲームレポート


1 GAME DETA  

VS TEAM:成蹊大学 ZELKOVAS
DATE:2015/5/10 (日)
K.O. Time:16:15
Weather:晴れ
PLACE:アミノバイタルフィールド
Garaly:117


2 SCORING  
SCORE:
Team Name 1Q 2Q 3Q 4Q Total
Orange Beams 13 3 0 0 16
ZELKOVAS 0 0 7 0 7


ゲームレポート

 
春の暖かい日差しが差し込む中、多くのOB・OG・ご家族・ご友人に見守られ始まった春季リーグ戦初戦。
 成城のキックにより始まった第1Q。開始早々、DB榎本(#27/4年)がインターセプトし、1st downで成蹊を食い止める。そこから一気に攻め込む成城は2nd downでRB大村(#21/2年)が颯爽と成蹊ディフェンスの合間をすり抜け、開始1分でタッチダウン。その後攻撃権が成蹊に移るも、成城ディフェンス陣LB高橋(#14/3年)等の堅い守りを破ることはできず、7-0のまま攻撃権は成城に渡る。その後も成城の流れは止まることなく、K榎本(#27/4年)が二度ものフィールドゴールを成功させ、更に点差は開き、13-0で第1Qが終了。
 
  成蹊のオフェンスシリーズで始まった第2Q。両者とも一進一退を繰り返し、中々得点に繋げることができない。残り2分、このまま第2Qが終わるかと思われたその時、成城のDB田中(#10/4年)がインターセプトし、成城がフィールドゴールを決めた。こうして16-0で前半戦は終了した。
VS%E3%80%80%E6%88%90%E8%B9%8A%202015.jpg
VS%20%E6%88%90%E8%B9%8A%202015.jpg 成城が大幅にリードし始まった第3Q。着実にゲインを重ねる成城だったが、フィールドゴールを失敗。攻撃権は成蹊へ。成城ディフェンスDL荒川(#52/4年)らが奮闘し、中々敵陣に踏み込めない成蹊。しかし開始10分、成蹊#10がタッチダウン。その後もTFPを成功させ、点差は16-7に縮まる。更に点差を縮めたい成蹊だったが、成城の堅い守りを抜けることはできず、そのまま16-7で第3Qが終了。
16-7で迎えた第4Q。両者とも一歩も引かない攻防を繰り返し、ゲインを重ねるも得点には繋げることができない。そのまま両者は得点することなく、点差は16−7で試合は終了した。 VS%E6%88%90%E8%B9%8A%202015.jpg
   

順調な滑り出しで始まった春季オープン戦。これからもこの結果に満足することなく精進していきたい。今試合も、OB・OGの方々、父母、友人の皆様方、応援に駆け付けて下さりありがとうございました。