« 2015年9月5日 秋季リーグ戦 VS東京工業大学 試合速報 | メイン | »

2015年9月5日 秋季リーグ戦VS東京工業大学 ゲームレポート















1 GAME DETA  



VS TEAM:東京工業大学 BUFFALOES
DATE:2015/9/5
(土)
K.O. Time:10:45
Weather:晴れ
PLACE:アミノバイタルフィールド
Garaly:99























2 SCORING  

SCORE:




























Team Name 1Q 2Q 3Q 4Q Total
Orange Beams 0 8 8 11 27
BUFFALOES 0 13 0 17 30





ゲームレポート



 














秋季リーグ戦の開幕戦でもあり成城にとって初戦となる東工大戦。多くのOB・OG・ご家族・ご友人に見守られながら成城のキックオフにより試合開始。



 東工のオフェンスシリーズから始まった第1Q。互いに一進一退の攻防を見せるがフレッシュを獲得することができず、攻守交替。結果両者ともに得点につなぐことができず第1Qは終了する。
 














 

続く第2Q。両者一歩も譲らず、試合は平行線だったが、開始7分、ついに試合が動き出す。RB浦住(#21/4年)がタッチダウンを決め、その後のツーポイントコンバージョンも決めることができ得点は8-0と、成城がリードする。しかし、直後に東工にタッチダウンを許してしまう。東工はさらにタッチダウンを重ね、点差は8-13で第2Qは終了。


img2.jpg







img1.jpg


東工のキックで始まった第3Q。成城は確実にゲインを重ね、開始6分でRB浦住(#21/4年)が二度目のタッチダウンを決めその後にツーポイントコンバージョンも成功させ16-13と逆転する。東工も必死に攻撃を行うがフレッシュを獲得することができないまま攻守交替し成城の攻撃に移りフレッシュを獲得するもゴールまで残り20ydのところで第3Qは終了。






成城のリードで始まった第4Q。成城はじりじりと確実にゲインを進め、4th downでフィールドゴールを選択。DB榎本(#7/4年)が成功させ、点差は19-13。このまま成城が勝利すると思われたが試合残り3分で東工がタッチダウン、さらにTFPを次々と決め、逆転されてしまい点差は19-27に。負けられない成城はRB羽田(#3/3年)がタッチダウンを決め、その後のTFPも成功させ同点へと追いつくが、試合時間のこり14秒というところで東工のキックが成功し、27ー30で試合は幕を閉じる。
img3.jpg





   



秋季リーグ戦の初戦で勝って勢いに乗りたかった成城。一度は勝利が見えたもののあと少しのところで敗れてしまった。しかしまだリーグ戦は始まったばかりである。第二戦では勝利を収めることができるよう一層練習に力を入れていきたい。応援に駆けつけて下さったOB.OG、父母や友人の方々、ありがとうございました。