« 2015年11月29日 秋季リーグ戦 VS武蔵大学 試合速報 | メイン | 2015年 秋季リーグ戦 »

2015年11月29日 秋季リーグ戦 VS武蔵大学 ゲームレポート


1 GAME DETA  

VS TEAM:武蔵大学 PHEASANTS
DATE:2015/11/29 (日)
K.O. Time:11:00
Weather:晴れ
PLACE:明治学院大学ヘボンF
Garaly:118


2 SCORING  
SCORE:
Team Name 1Q 2Q 3Q 4Q Total
Orange Beams 19 7 7 7 40
PHEASANTS 0 0 0 7 7


ゲームレポート

 
今季、このチームでの最後の試合となった秋季リーグ戦武蔵大学戦。
 成城のキックで始まった第1Q。開始早々果敢に攻め込んでいく成城。試合開始7分でRB浦住(#21/4年)がタッチダウンを決め、先制点を決める。その後攻守交代するが成城の強力なディフェンス勢に阻まれ、武蔵はゲインを重ねることができない。その後RB浦住(#21/4年)がまたしてもタッチダウン、DB榎本(#7/4年)がトライフォーポイントを決め7点追加となる。成城のキックで試合再開となるが、武蔵のリターナーからTE澤内(#54/2年)がボールを奪いそのままタッチダウンを決め、6点追加となる。巻き返したい武蔵だがLB小野(#44/4年)や八田(#52/1年)がQBサックをし、ゲインを重ねることができないまま第1Qは19-0で成城がリードする。
 
  第2Qでも成城の勢いは止まらない。開始4分QB栗田(#1/2年)からWR羽田(#3/3年)へのロングパスが通りそのままタッチダウン。DB榎本(#7/4年)のトライフォーポイントも決まり、7点追加となる。その後もDL清川(#96/1年)の3回ものQBサックや成城ディフェンス陣の活躍により失点を許さないまま、26-0と大きくリードし前半は終了。
musashi2.JPG
musashi1.JPG 武蔵のキックにより第3Qが始まる。後半開始早々、TE真島(#57/4年)がタッチダウンを決める。その後武蔵にインターセプトされ攻守交替となるが、LBの高橋(#2/3年)や藤本(#8/2年)、DBの檜山(#20/3年)や広沢(#23/3年)のタックルにより食い止める。その後両者は一進一退を繰り返すが、得点につながるようなプレーはなく33-0と依然として成城がリードしたまま第3Qは終了する。
第4Qでも成城は好プレーを見せる。先に武蔵にタッチダウン・トライフォーポイントを決められるが、RB浦住(#21/4年)がリターンをしてそのままタッチダウン。もちろんその後のトライフォーポイントも確実に決める成城。その後も果敢に成城は攻め続け、敵陣残り4yd地点までゲインを重ねるが武蔵が最後の意地を見せタッチダウンを許さない。試合時間のこり55秒で武蔵に攻撃が移るも、成城のディフェンス陣もなんとか粘り、40-7で試合終了となった。 musashi5.JPG
   

今季最後の試合となった武蔵戦。今回の試合も圧勝することができ、また観客を沸かせる好プレーもたくさん見られた。今年の目標であった全勝優勝を達成することはできなかったが、たくさんの方々に支えられ5勝2敗・2部3位という成績を収めることができた。この1年間チームのために時間を割いてメンバーのレベルアップに尽力してくださったコーチ・監督に本当に感謝したい。またここまでチームを引っ張ってきた4年生は私たちの誇りである。そしてどんなに悪天候・遠方の会場であっても最後まで試合に駆け付けてくださったOB・父母の皆様方、ご支援ありがとうございました。来年も新チームで1部リーグ昇進にむけてますます邁進していく。今後とも変わらぬご声援よろしくお願い致します。そして4年生お疲れ様でした。
musashi7.JPG