« 秋季リーグ戦 VS明治学院大学戦のご案内 | メイン | 秋季リーグ戦 VS東京農業大学戦のご案内 »

2016年9月10日 秋季リーグ戦VS関東学院大学 ゲームレポート


1 GAME DETA  

VS TEAM:関東学院大学 HURRICANES
DATE:2016/9/10 (土)
K.O. Time:10:45
Weather:晴れ
PLACE:東京工業大学 大岡山Gr.
Garaly:


2 SCORING  
SCORE:
Team Name 1Q 2Q 3Q 4Q Total
Orange Beams 14 3 6 0 23
HURRICANES 0 3 3 6 12


ゲームレポート

 
2016年秋季リーグ戦初戦。強い日差しの中多くのギャラリーに見守られ、試合開始。
 1Q、関東学院のキックで試合開始。そこで成城#3羽田が1プレー目からリターンタッチダウン。#21鈴木のキックも成功し、7点獲得。爽快な滑り出しを決める。その後、関東学院に攻撃権を渡しても、成城ディフェンスが確実にキャリアを止め、許したダウン更新は一度のみ。DL#96清川のタックルにより10ヤード後退させるなどディフェンスの奮闘も目立った。そして成城オフェンスは確実にフィールドポジションを前に進め、残り1分半、QB#1栗田が52ヤード走りタッチダウンを決める。
 
  2Q、前半成城のオフェンス、RB#24神とQB#1栗田のランでフレッシュを重ねる。ゴール前10ヤードまで迫り、フィールドゴールを#21鈴木が決め3点追加。その後の成城攻撃中ファンブルしてしまい、関東学院にゴール前3ヤードまで一気に攻められたが、成城DB#4野部がインターセプトを決め、危機を免れる。2Qでも成城DL#64川名やLB#42佐藤を筆頭にディフェンスが活躍、関学のフレッシュは1回に抑える。
%E9%96%A2%E5%AD%A6%E3%80%80%E8%A9%A6%E5%90%88%EF%BC%91.jpg
%E9%96%A2%E5%AD%A6%E8%A9%A6%E5%90%88%EF%BC%92.jpg 3Q、17-3、成城リードで迎えた後半。成城は6分ほどディフェンスが続き、LB#49横谷などの奮闘があるものの関学にダウン更新を許し、フィールドゴール3点を奪われる。しかし攻撃権を得た成城はすぐさまQB#10斎藤とRB#24神のプレーによりゴール前まで攻め、#10のランでタッチダウン。6点を追加。
4Q、1プレー目の関学パントで成城オフェンスは自陣1ヤードからのスタートとなった。QB#10斎藤が確実にランで進めたものの惜しくもファンブル。その後関学のパスが通り32ヤード喪失、ゴール1ヤード前まで一気に攻められそのままタッチダウン、6点追加を許してしまう。その後成城オフェンスも奮闘するものの、関学の守りは強く進めない。しかし成城ディフェンス陣は、確実に関学のキャリアを止める。しかも試合残り2分頃、DB#20檜山がインターセプトし、関学の攻撃のチャンスを奪う。そのまま成城は関学の攻めから守りきり、見事23-12で勝利を収めた。 %E9%96%A2%E5%AD%A6%E8%A9%A6%E5%90%88%EF%BC%93.jpg
   

順調な滑り出しを見せた秋季リーグ第一試合。春のシーズンから更に成長した姿を見せる事ができた。しかしまだまだ反省点は多く、次の試合に向けて気を引き締めて練習に励みたい。今試合も、OB・OGの方々、父母、友人の皆様方、応援に駆け付けて下さりありがとうございました。