« 秋季リーグ戦 VS東京農業大学戦のご案内 | メイン | 2016年 10月09日 秋季リーグ戦 VS東京農業大学 試合速報 »

2016年9月24日 秋季リーグ戦VS明治学院大学 ゲームレポート


1 GAME DETA  

VS TEAM:明治学院大学 HURRICANES
DATE:2016/9/24 (土)
K.O. Time:10:45
Weather:雨
PLACE:富士通スタジアム川崎
Garaly:


2 SCORING  
SCORE:
Team Name 1Q 2Q 3Q 4Q Total
Orange Beams 0 0 7 6 13
SAINTS 0 0 0 7 7


ゲームレポート

 
公共会場を舞台に生憎の天気だが、多くのギャラリーに見守られ迎えた第二戦。相手は明治学院大学。
 第1クオーター、明学のキックから始まり成城オフェンス。成城はQB#1栗田のランを中心に攻める。しかし両校共にディフェンスが堅い守りを見せ、なかなかフレッシュ獲得ならない。1Q、成城は2度、明学は1度のダウン更新に留まる。
 
  第2クオーターも一進一退の戦いが続く。RB#24神と#1栗田のランにより敵陣に攻め込む事は叶うも、頻繁な攻守交代によりなかなか得点には繋がらない。前半残り2秒、成城は敵陣28ヤード地点よりFGを選択するも決まらず、両校0点のまま後半に持ち込む。
%E6%98%8E%E5%AD%A6%E6%88%A6%E2%97%8B%EF%BC%92.jpg
%E6%98%8E%E5%AD%A6%E2%97%8B%EF%BC%94.jpg 第3クオーター、成城ディフェンスは引き続き堅く守り、DL#96清川やLB#42佐藤を筆頭にキャリアへの速いタックルでフィールドポジションを後退させる。極めつけにLB#2高橋がQBサックを決め、明学の前進を許さない。その後は成城オフェンスが続く。RB#24神が確実にボールを前に運び、QB#1栗田が21ヤードゲインし一気にゴール前に着く。そして#24のランでタッチダウン。成城が7点の先制点を奪う。
第4クオーター、明学も黙っていない。成城先制点後の明学オフェンス、ランを中心に瞬く間にゴール前着き、タッチダウンしてしまう。試合残り9分で同点。成城の攻撃も奮闘し、フィールドポジションを敵陣に置き、的確なパントによって明学攻撃のスタートを7ヤード地点にする。そして明学の攻撃が始まるや否やLB#42佐藤がインターセプトタッチダウン。成城6点追加が叶う。そして試合残り2分半は守りきり、最終プレーではまたDB#23広沢がインターセプトし試合終了。 %E6%98%8E%E5%AD%A6%E6%88%A6%E2%97%8B%EF%BC%93.jpg
   

なんとか勝利を収めた第二戦。だが課題はまだまだ残っている。ここで気を抜くことなく、次の試合に臨んでほしい。OB・OGの方々そして父母、友人の皆様方、お足元の悪い中応援に駆け付けて下さりありがとうございました。