2014年5月11日 春季オープン戦 VS学習院大学 ゲームレポート


1 GAME DETA  

VS TEAM:学習院大学 Generals
DATE:2014/5/11
(日)
K.O. Time:17:40
Weather:晴れ
PLACE:アミノバイタルフィールド
Garaly:53

2 SCORING  
SCORE:

Team Name 1Q 2Q 3Q 4Q Total
Orange Beams 0 14 7 7 28
Generals 0 7 0 14 21

ゲームレポート

 
春の暖かい日差しが差し込む中、春季オープン戦第一戦がアミノバイタルフィールドにて行われた。対戦校は学習院大学。新チームになって初めての公式戦は、快晴のもと学習院大学のキックにより試合開始。
 成城のオフェンスシリーズから始まった第1Q。成城は奮闘するも中々パスが通らず、得点につなげるチャンスは作れないまま攻守交替。しかし成城のディフェンス陣がしっかり抑えこみ、学習院に自陣へ踏み込ませることを決して許さない。両大学が奮闘するも、中々得点に繋げられず0-0のまま第2Qへ。
 
 
第2Q開始早々、QB下田(#6/4年)からWR富澤(#23/3年)への24ydのロングパスが成功し、とうとう成城は流れに乗り始める。その後攻守交替するも、DB榎本(#18/3年)がインターセプトし、すぐさま攻撃権を奪い返す。開始4分、LB辰巳(#7/3年)がタッチダウン。PATもK榎本(#18/3年)が落ち着いて決め、点差は7-0。しかし
相手チームも黙ってはいなかった。残り2分で学習院#29がインターセプトし、そのままタッチダウン。あっという間に追いつかれてしまう。成城の流れが止まったかと思われたその時、RB浦住(#24/3年)がタッチダウンを決めた。こうして成城は再び点差を広げ、14-7で前半が終了した。
%E5%AD%A6%E7%BF%92%E9%99%A2.jpg
%E5%AD%A6%E7%BF%92%E9%99%A2%EF%BC%93.jpg 14-7で迎えた第3Qは、学習院の攻撃から始まった。巻き返しを狙い、着実にゲインを重ねる学習院だが、成城ディフェンスの固い守りを破ることはできずに無得点のまま攻守交替。このまま勢いに乗っていきたい成城は、確実にゲインを獲得し前進し続ける。残り1分でQB下田(#6/4年)のパスをLB辰巳(#7/3年)がキャッチし、そのまま走り込んでタッチダウンを決めた。こうして得点を21-7まで広げ、第3Qは終了する。
学習院の攻撃から始まった第4Q。学習院もねばりを見せ、じりじりと自陣へ攻め込んで来る。成城ディフェンスが奮闘するも、とうとう敵にタッチダウンを許していしまった。相手は冷静にPATも決め、点差は21-14へと縮んでしまう。しかし成城は慌てることなくWR富澤(#23/3年)がロングパスを見事にキャッチし、RB浦住(#24/3年)が颯爽とロングラン。最後はQB下田(#6/4年)が押し込みタッチダウン。こうして点差は28-14へと広がった。しかし学習院もまだ諦めてはいない。反則を取られ、進退を繰り返しながらも着実にゴールへと近づいていく。そして残り1分、とうとう学習院にタッチダウンを決められてしまう。点差は28-21に縮まったものの、学習院は最後まで成城の勢いを止めることはできず、そのまま試合は終了した。
%E5%AD%A6%E7%BF%92%E9%99%A2%EF%BC%92.jpg
   

「Change」を目標に始動した新チームで迎えた公式戦初戦。反省点はまだまだ残るが、四大戦での7年ぶり勝利でいいスタートを切れたと思う。このまま気を引き締めて次の武蔵大学との試合に向けて日々頑張って欲しい。また、遠いところ足を運んで応援してくださったOB・父母の方々、本当にありがとうございました。今後とも変わらぬご声援を宜しくお願い致します。