2014年 10月5日 秋季リーグ戦 VS青山学院大学 ゲームレポート


1 GAME DETA  

VS TEAM:青山学院大学 LIGHTNING
DATE:2014/10/5
(日)
K.O. Time:11:00
Weather:雨
PLACE:東海大学秦野フィールド
Garaly:27

2 SCORING  
SCORE:

Team Name 1Q 2Q 3Q 4Q Total
Orange Beams 0 0 0 0 0
LIGHTNING 0 7 8 14 29

ゲームレポート

 
台風が近づく大雨の中、OBや父母そして友人の方々に見守れ、青山学院大学のキックにより試合開始。
 青学のキックから始まった第1Q。ファンブルを繰り返し、両チームは得点ならないまま試合は平行線で進む。RB浦住(#21/3年)らがQB栗田(#1/1年)からのボールをキャッチし、前へ前へと進むが得点には繋げることができない。こうして両者は進退を繰り返し、0-0のまま第1Qは終了する。
 
 
続く第2Q。自陣9ydまで迫られた成城だったが、成城ディフェンス陣LB大河原(#24/4年)らが青学を抑え込む。青学は全く進むことができず、4th downでフィールゴールを選択。しかし、これに失敗し、自陣20ydから成城の攻撃が始まる。成城オフェンス陣OL真島(#83/3年)らも懸命にエンドゾーンまでの道を開け、RB浦住らがゲインを獲得する。しかしタッチダウンのチャンスは掴めず、攻守交替。その後、自陣16ydから始まった成城の攻撃で、中々進むことができない成城はパントを選択。青学がファンブルし、WR舟橋(#84/4年)がファンブルリカバーからそのままTDを決めた。会場は一気に盛り上がりを見せたその時、青学のファンブルはインコンプリートと判定され、惜しくもタッチダウンは無効とってしまう。試合は0-0のまま進み、このまま第2Qが終了すると思われたその時。青学の怒涛のランプレーを成城は止められず、そのままTD。PATも成功し、点差は0-7。こうして第2Qは終了した。
%E9%9D%92%E5%AD%A6%E6%88%A6%EF%BC%91.jpg
%E9%9D%92%E5%AD%A6%E6%88%A6%EF%BC%92.jpg 成城のキックから始まった第3Q。自陣20yd地点から青学の攻撃。窮地を迎える成城だが、DL齋藤(#40/4年)らがここで必死に青学をくいとめる。なかなか進めない青学はフィールドゴールを選択。しかし失敗し、0-7で攻守交替。ここで巻き返しを図る成城だが、ゲインを重ねつつもすぐに攻撃権を奪われてしまった。その直後、青学#29のロングラン。成城ディフェンス陣が必死に止めにいくも、そのままタッチダウンを取られてしまった。その後、ツーポイントコンバージョンも成功させ、点差は0-15に広がってしまう。成城は諦めずに前に前に進むが、そのまま0-15で第4Qを迎えることとなった。
0-15で迎えた第4Q。流れを取り戻したい成城だが、ハーフライン付近で進退を繰り返し、中々得点に繋げられない。その後も攻守交替を繰り返し、0-15で試合は平行線に進んだ。しかし開始7分成城のオフェンスシリーズで青学#52がインターセプトし、攻撃権を青学へ明け渡すと、一気に攻め入る青学。必死にその勢いを食い止めるも、青学は三度目のタッチダウン。こうして点差は0-22に広がった。諦めない成城だが、青学の堅いディフェンスに阻まれ、成城は全く歯が立たなかった。そして残り2分で青学にもう一度タッチダウンを奪われ、0-29で試合は終了した。
%E9%9D%92%E5%AD%A6%E6%88%A6%EF%BC%93.jpg
   

前回の試合から多くを学んで挑んだ第三戦。しかし、自分たちのレベルを思い知らされる試合となった。「change」という目標を達成するためにも今後も練習に励み、次試合では是非とも結果を残して欲しい。OB・OGの方々、父母、友人の皆様方、足元が悪い中応援に駆け付けて下さりありがとうございました。