2015年11月14日 秋季リーグ戦 VS東洋大学 ゲームレポート


1 GAME DETA  

VS TEAM:東洋大学 VIKINGS
DATE:2015/11/14
(土)
K.O. Time:10:45
Weather:雨
PLACE:アミノバイタルフィールド
Garaly:181

2 SCORING  
SCORE:

Team Name 1Q 2Q 3Q 4Q Total
Orange Beams 0 14 10 21 45
VIKINGS 3 3 0 20 26

ゲームレポート

 
小雨が降る中、多くのOB・OG・ご家族・ご友人に見守られながら始まった秋季リーグ戦第4戦。
 成城のキックで始まった第1Q。東洋は4thdownでフィールドゴールトライを選択し、開始早々キックを成功させる。巻き返したい成城だが、ゲインを重ねることができず攻守交代。東洋は試合2度目のフィールドゴールトライをするが失敗。第1Qは0-3で東洋がリードする。
 
  巻き返したい成城は第2Qで、RB浦住(#21/4年)やRB大村(#29/2年)が果敢に攻め込み、浦住がタッチダウンを決め、その後のトライフォーポイントも確実に決めた。その後、東洋もフィールドゴールトライを成功させ、点差を縮めるが成城の勢いは止まらない。前半終了間際にQB栗田(#1/2年)がQBキープのままタッチダウン。トライフォーポイントも成功させ、14-6で成城がリードする。
toyo3.png
toyo2.png 勢いに乗った成城はもう誰にも止められない。後半開始早々、QB栗田(#1/2年)が80ydを爽快に駆け抜け、タッチダウン。その後、DB榎本(#7/4年)が敵陣44ydからのフィールドゴールトライに成功。第3Qは24-6で東洋を大きく突き放す。
第4Qでは、先に東洋がタッチダウンを決めるが、RB浦住(#21/4年)がリターンをしてそのままタッチダウン。これには会場も大きな盛り上がりを見せた。もちろんその後のトライフォーポイントも確実に決める成城。東洋も負けじとタッチダウン、トライフォーポイントを決めるがRB浦住(#21/4年)がまたまたタッチダウン。それに続くかのようにQB栗田(#1/2年)もタッチダウン。最後は東洋が意地を見せ、タッチダウンを決めるが、試合は45-26と、成城の圧勝で幕を閉じる。
toyo1.png
   

今季大一番となった東洋戦。プレーヤー・スタッフ・大勢の観客が一丸となり勝利を収めることができた。次の武蔵戦が今季最後の試合となる。次回も勝利を収めたい。たくさんの来場者の方々、雨の中応援にかけつけて下さりありがとうございました。