今も忘れないMさんのお言葉。

 自宅が比較的アミノバイタルフィールドに近いので、ここ数年9月から12月は休日となれば、どの学校が贔屓ということもなく、昔の思い出を同グランドに拾いに行っている。母校もいつの日かアミノバイタルで常時試合が出来るようにと密かに祈りながら・・・・。
わが校も50余年の歴史の中で一部リーグに参戦した年がある。誇るべき歴史である。おそらく当時もスポーツ推薦も当然無く、少数教育を掲げる学園が故、現在と同様(いや、それ以下か)人員不足、人材不足に悩んでいたと思われる。
何年前のことだろうか、一部リーグに参戦した時のOBの方に「どうやってそんなに強くなったんですか?」と質問したところ「なあに、毎日自動車部のトラックに乗せられて、明治大学の八幡山まで行ってスクリメージやってたら一部に上がっちゃったんだよ。」とあっさり言われました。なるほど、実力より上のチームと対戦し実践の中で学ぶということかと感心し、また少人数の学校がマンモス校と対等に試合する。なんとかっこいいことかと思いました。なぜだかこの時の言葉が今でも忘れられません。
兎にも角にも今年の現役諸君の健闘を祈ります。

社員代表 横山治雄