主務 吉田 夏那子

オレビに入部して、もう四年目の夏を迎えました。
「Devote to Football」というチーム方針をたてこれまでやってきましたが、春の試合では勝利を収めることはできず、マネージメントに関しても、目標として掲げていたものに近づくことができませんでした。
私たちマネージャーは試合に出ることはできないけれど、勝つことの喜びも負ける事の悔しさもプレーヤーと同じです。
だから、リーグ戦へ向けて、三部昇格へ向けて、各々自身やそれぞれのセクションに対しより徹底したマネージメントをやらなければいけないと感じています。もう負ける姿は見たくないので、勝つために精一杯のサポートをし、自分は何ができるか何をやるべきかをよく考え、悔いの残らないよう全力で取り組んでいきたいと思います。
何より、私がここまでマネージャーの仕事を頑張ってこられたのは、先輩や後輩に支えられていたからであり、主務や副務を務めていて、OBの方々が周りにはたくさんいるんだ、ということを強く実感しています。
多くのOB・OGの方々、関係者の方々、そしてご父母の方々、これからもご指導ご声援よろしくお願い致します。