副務 石津 未貴

オレンジビームスのマネージャーになってあっという間に4年目を迎えました。私は1年生の時から体育部連合会本部の本部員を務めていました。そして3年になる時から、医務担当も兼任する事になりました。初めは突然任せられた医務の仕事に戸惑ってばかりだったけれど、今では1年生の時から医務の仕事をやりたかったと少し残念に思っています。
一昨年は三部で全敗し、入替戦でも負けてエリア降格という、とても悔しい思いをしました。その悔しさを胸に、去年はチームの中で三部昇格は当たり前のものとなっていました。しかし、結果はエリア3位。もう、2度と同じ悔しさは味わいたくありません。私たち4年生にはもう数えるほどしか時間が残されていません。この4年間の集大成として、何が何でもエリアで優勝して三部に昇格したい、後輩に来年は三部で戦ってほしい。その気持ちはマネージャーも同じです。マネージャーは試合に出る事は出来ないけれど、その分、サポートをすることはいくらでもできます。試合に勝つために支える事ができます。マネージャーの体制をどこのチームよりも完璧にする事が勝利に貢献する事に繋がると思っています。
三部昇格するためにプレーヤー、マネージャーともチーム方針「フットボールにささげる!」を胸に頑張っていきますので、応援、ご指導の程よろしくお願いいたします。