副務 高木 奈菜

今年のチーム方針である“Devote to Football(フットボールに捧げる)”は、今のOrange Beamsに最も必要なことです。
これは、もちろんプレーヤーもマネージャーも同じであって、私たちマネージャーは、もっとこのOrange Beamsに尽くしていかなければならないと思います。
私自身、大変なことが多くても、やはりこの部活が大好きで、「勝ちたい!」という思いを胸に、がむしゃらにやってきました。しかし、今自分の目の前にある仕事をこなすことに必死で、周りが見えていない状態でした。チームに対して自分が何を貢献できたか、チームをリードできるようなマネージメントができたかというと、自信を持って言える事がないのが現状です。
マネージャーはとにかく「気付くこと」が大事。そしてもっとプレーヤーとの信頼関係を築き、個人個人がそれぞれ責任を持って、勝利に向かって必死に戦っていきたいです。
監督、コーチ、OBの方々、父母の方々などのたくさんの支えのもとで、このOrange Beamsが成り立っているのだということを肝に銘じて、今年は必ず3部へ昇格します。ご指導、ご声援よろしくお願いします。