Pocket

2018年 11月18日(日)VS青山学院大学

SCORE:

Team Name 1Q 2Q 3Q 4Q Total
Orange Beams 3 7 0 0 10
LIGHTNING 14 3 14 13 44

第1Q、成城のキックにより試合開始。
青学WRがフィールドを駆け抜け試合開始早々タッチダウン。対する成城も負けじとDL#95渡邉のファンブルリカバーで攻撃権を得ると、ランで前進しFGにて3点獲得。

第2Q、ランで攻めを見せ得点を続々と稼ぐ青学大に対し、成城ディフェンスはDL#51清川のサックなどで奮闘。成城はパスプレーで着実にヤード獲得し敵陣まで持ち込むが青学にファンブルリカバーを許し攻守交代。しかし粘りを見せる成城は、青学があと少しでタッチダウンのところ青学QBがこぼしたボールをLB#42佐藤がリカバーし大きくゲインすると、TE/WR#29加嶋が飛び込みタッチダウン。17-10で前半を折り返す。

第3Q、成城のレシーブにより試合開始。
後半開始早々、青学によるインターセプトからそのままリターンタッチダウンで得点を許す。追う成城大は4th downでギャンブルを試みるも、ヤードが足りず失敗。その後の攻撃でも次々に追加点を決められてしまう。

第4Q、試合終盤のせいか両校ともにパスミスが目立ち始めるが、青学はパスとランを交えて攻め順調に得点を獲得。成城ディフェンスは粘り強いプレーをみせるも44-10。青学の勝利で試合終了。

Pocket