Pocket

 

2019年9月8日(日)VS東京工業大学

SCORE:

Team Name 1Q 2Q 3Q 4Q Total
Orange Beams 9 19 19 26 26
BUFFALOES 7 14 21 29 29

1Q、東工大のキックで試合開始。成城大、自陣29ydから攻撃を開始。順調にフレッシュを獲得していったが、まずセーフティーで2点を獲得。直後の東工大のキックで、成城#25新妻がリターンしそのままタッチダウン。トライフォーポイントのキックも成功し、さらに7点を獲得。一方、東工大もまた、敵陣20ydからの攻撃で東工#83がタッチダウン。7点を獲得し、9-7で東工大が成城大を追いかける形で第1Q終了。

2Q、成城大、自陣25ydからの攻撃を敵陣13ydまで運んでいき、成城#25新妻が絶妙なコースを走りタッチダウン。キックも成功し7点を獲得。一方、東工大は自陣30ydから開始した攻撃で順調にフレッシュを獲得していき、敵陣2ydまでボールを運び、東工#17が飛び込むようなタッチダウンを魅せる。7点獲得。その後は両校ともに一進一退を繰り返すが、成城#6若杉が前半終了直前にパスインターセプトを魅せ、成城大がFGを決めてさらに3点追加。19-14成城大のリードで前半終了。

3Q、成城大のキックで試合再開。続く東工大の攻撃で、自陣46ydからの軽快なランで東工#4タッチダウン。7点を獲得し、成城大を逆転。その後も成城#24加嶋の力強いランや成城#7斎藤への長距離パスなどでボールを進めていくが、追加点は得られず19-21で第3Q終了。

4Q、早速成城#25新妻が敵陣4ydから滑り込むようにタッチダウンを決める。7点を獲得し東工大にまた差をつける。その後も成城#1黒田の強烈なタックルや成城#28平山の素早い的確な走りで守りを固めるが、東工#4がタッチダウン。ツーポイトコンバージョンも成功し、8点を追加され、再び逆転される。成城大の守りも虚しく、このまま試合終了。26-29で東工大の勝利で幕を閉じた。

Pocket