Pocket

2019年11月3日(日)VS一橋大学

SCORE:

Team Name 1Q 2Q 3Q 4Q Total
Orange Beams 0 0 14 7 21
CRIMSON 0 0 7 0 7

第1Q、成城のキックにより試合スタート。一橋がフレッシュを獲得し続けゴール付近でFGを狙うも失敗。一橋オフェンスはパスプレーで順調に進むも成城ディフェンスの粘り強いタックルにより、一橋のヤードゲインを防ぐ。お互いに譲らず0-0。

第2Q、一橋オフェンスから試合再開したが、#2柴田のファンブルリカバーにより攻守交代。#97八島がQBサックするなど成城ディフェンスが活躍。その後、一橋にパスインターセプトされ残り10yほどまで攻め入られるも、#24加嶋のタックルによりタッチダウンを防ぐ。0-0のまま前半終了。

第3Q、#12北川からのパスを#8川和や#13坂巻へ成功させ次々にフレッシュ獲得。勢いに乗った成城は#13坂巻へのパス成功、そのままタッチダウン。しかし、その後すぐの成城KCで一橋リターナーがタッチダウン。追いつかれてしまったが、すかさず成城オフェンスもフレッシュを獲得し続け#24加嶋がタッチダウン。14-7で成城がリード。

第4Q、#24加嶋が一橋ディフェンス陣のタックルを押しのけタッチダウン。一橋も次々とパス成功するも#23工藤や#5佐々木のタックルにより得点を許さない。オフェンス・ディフェンス共に力強いプレーにより21-7で勝利をおさめた。

Pocket